ある日突然、認証が必要なサイトにアクセスできなくなった-原因はボタン電池切れでした

銀行など認証が必要なサイトがありますが、先日、ノートパソコンでインターネットを使ってデータを送信しようとしたところ、警告画面が表示されて、どうしても接続できない、ということがありました。

認証の問題なので、ブラウズ(IE)で、確認したところ、日付は期限前なのに、×でエラーになっていました。

参考:私の銀行の認証の画面です。私のは、もちろん有効ですが、警告のでたノートパソコンは、画面のように確か赤で×がついていたと思います。

その日は、時間切れで、原因がわかりませんでしたが、翌日、原因が判明しました。

それは、ノートパソコンの内蔵のボタン電池切れて、ノートパソコンの日付が狂っていたからでした。

つまり、少し前に事務所で配置換えをした際に、その警告がでたノートパソコンの電源を抜いていて、しばらくたっていたのですが、その間に、ノートパソコンのバッテリーが切れ、しかも、古いパソコンだったので、内臓のボタン電池も切れていて、内臓の日付が狂っていた、ということです。

そこで、日付を現在の日付に修正したところ、無事、認証されて、データが送信できました。

念のための補足ですが、デスクトップパソコンの電源を抜いても、日付は狂わないですよね?

これは、デスクトップのケースの中身をみるとわかりますが、マザーボードについている10円玉位のボタン電池のおかげです。

このボタン電池があるので、日付が狂わないのです。

ところが、このボタン電池も、5年~で寿命がきて、切れてしまいます。

そうすると、通常は、パソコンの電源はいれっぱなしなので、この電源で日付が狂いませんが、配置換えなどで、ACの電源を抜いてしまうと、パソコンの日付が狂ってしまいます。

なお、ノートパソコンの場合は、バッテリーもありますので、仮にボタン電池の寿命がきても大丈夫なはずですが、今回のように、バッテリー自体も切れてしjまうと、今回のようなことがおこる、というわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン