エクスプローラー型画像ビューワー「XnView」のインストールとエラー解消の備忘録

エクスプローラー型画像ビューワー「XnView」のインストール

パソコンを変更して、最初のDVDビデオの作成で、素材集を確認のためのビューワーをインストールしました。

素材のデータ形式はイラストレーターなどの拡張子の「EPS」

ビューワーは、最新版の「XnView」をダウンロードしてインストールすることにしました。

ダウンロードしたファイル:v2.43(17/10/19)
ダウンロードサイト:窓の杜(https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/xnview/)

インストール時の心配事=日本語化

インストール時に日本語がなくて、ひとまず、英語バージョンでインストールします。
インストール後に「日本語化」をした覚えがありましたが、今回は、何もしなくて日本語化されていました。

これは、ありがたいことです。

今回起きた問題点>epsファイルのサムネイルが表示されず、開くこともできない

epsファイルが保管されているフォルダーを指定すると、本来ならば、小さい画像が羅列されるはずなのに、画像が表示されず、ファイルも開きません。

これでは、このソフトを使用する意味がないので、困ってしまいました。

「AFPL Ghostscript」のインストール

下記のような案内が出たので、「AFPL Ghostscript」をインストールすることにしました。

危ないサイトからソフトをダウンロードしたりすると、こういう案内のソフトが危ないので、サイトで確認したところ、危なくはない、と判断しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Ghostscript

Ghostscript(ゴーストスクリプト)は、PostScript や Portable Document Format (PDF) などアドビシステムズページ記述言語用のインタプリタおよび、それを基にしたソフトウェアパッケージのことである。フリーソフトウェアとして配布されている。

https://www.ghostscript.com/download/gsdnld.html

パソコンは、Windows10の64Bitなので、2番目の「Ghostscript 9.22 for Windows (64 bit)」をダウンロードしてインストールしたのですが、だめでした。

そこで、「XnView」がインストールされているフォルダーを確認したところ、「Program File(x86)」でした。

「XnView」が32Bitのソフトなので、Ghostscript 9.22 for Windows も32Bitの方をインストールしないといけなかった、ということでした。

というわけで、Ghostscript 9.22 for Windows (32 bit)をダウンロードしてインストールしたところ、無事、epsファイルのサムネイルが表示されるようになりました。

まとめ

  1. 画像ビューワーが必要になったら、「XnView」をインストール
  2. ダウンロードは、分かりやすくて安心な「窓の杜」から
    https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/xnview/
  3. 追加でGhostscript 9.22 for Windows (32 bit)をダウンロードしてインストール
    https://www.ghostscript.com/download/gsdnld.html

以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン