Windows XPモードで使用していたデータを復元する方法

長いことWindowsXPを使ってきましたが、Windows7が出てからはWindowsVISTAと違って使いやすいので、メインのパソコンは、Windows7に移行しました。

ところが、WindowsXP時代には使用できたのにWindows7だと使えない、という重要なソフトがいくつかあることに気がつきました。

そこで、Windows XPモードをインストールして使い始めたところ、Windows XPモードの起動は若干時間がかかるものの、起動後は、Windows XPモードでの操作は、快適にできていました。

さて、快適なのはいいのですが、7月末に私のパソコンを襲った熱暴走のトラブルのことを考えると、Windows XPモードで作成したデータのバックアップをどのようにとるのか、が心配になりました。

私は、システム全体をイメージでバックアップする、という方法をとっていますので、通常は、HDDのトラブルがあって、データを復旧する際には、Windows XPモード自体も復旧できます。

しかし、個別のデータもバックアップをとっておきたいので、そのデータのバックアップについて調べてみました。

まず、前提として、Windows XPモードが正常に動いているときは、Windows XPモードのディスクにあるデータをWindows7のディスクにコピーできますので、大きな問題はありません。

問題は、Windows XPモードが動かなくなってしまったときです。

最初に思い浮かぶのは、Windows XPモード専用のフォルダーがあって(隠しファイルで)、その中に、Windows XPモードで作成したファイルが保存されている、です。

もしそうなら、隠しファイルを見える設定にして、あとは、フォルダーからフォルダーにコピーすればいい、となります。

ところが、Windows XPモードは、仮想マシンで仮想ドライブで動かす、とかいうことなので、普通のフォルダーにはなっていないのですね。

さて、ではどうすればいいの?と調べていたら、Epson Direct SHOPのユーザーサポートのページに、この件で詳しい説明が載っていましたので、このサイトをご紹介しておきます。

Windows XPモードで使用していたデータを復元する方法

ちなみに、今回、偶然にエプソンダイレクトのサポートページにたどり着きましたが、エプソンダイレクトのパソコンは、お薦めです。

昨日も、お客様にお任せでデスクトップパソコンとノートパソコンを1台ずつ依頼されたので、エプソンダイレクトで注文しました。

もし、エプソンダイレクトでパソコンを購入する際には、「5年間のお預かり修理」を追加するのがポイントです。

「パソコンは壊れるもの」という考えが大切だと思っていますが、この「5年間のお預かり修理」のオプションをつけておくと、迅速に修理してもらえます。

参考までに、今回お手頃価格ということで、私が発注したのは下記の2台でした。

しかも、費用がかからないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン