松下、XPダウングレードDVD付きのレッツノート発売

私が使用しているノートパソコンは、松下電器産業の「レッツノート(Let’s note)」です。

約3年使用していても、バッテリーの持ちが最初のときより少なくなったと感じる位で、快適さは変わりません。

というわけで、お客様や知り合いからノートパソコンについて聞かれると、「レッツノート(Let’s note)」をお薦めしています。

この「レッツノート(Let’s note)」の個人向け春モデ4機種8モデルが2月15日に発売されますが、最大の特徴は、Windows Vista、Windows XPの双方のリカバリーDVDを添付したこと。

耳慣れない言葉だと思いますが、VISTAからXPに「ダウングレード」することができる、ということです。

残念ながら、WindowsVista は、現時点では自信をもってお薦めできません(^_^;

(現在、受けている数件のパソコン購入の依頼も、全て、WindowsXP搭載のパソコンを購入します)

但し、将来のことを考えると、WindowsVista を使っておく必要性も感じます。

そういうわけで、両方のOSを使い分けることのできる今回の松下電器産業の対応で、ますます、「レッツノート(Let’s note)」はお薦めできるノートということになります。

ちなみに、昨年購入したWindowsVista搭載の「レッツノート(Let’s note)」の最大メモリは、1GB+512MB でしたが、今回のモデルは、最大2GBです。

2GBがお薦めですが、これで、WindowsXPを使うと、非常に快適だと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン