Windows Live Hotmailの受信容量が5GBに拡大

マイクロソフトは2007年9月3日、メールサービス「Windows Live Hotmail」の受信トレイ容量を5GBに拡大したと発表しました。
PCOnline


すごい容量ですね、5MBではなく、5GBです。

気になるのは、受信したメールのデータの保存の信頼性です。

信頼性に問題なければ、自分宛にデータを添付してメールを送り、データの保管庫のような使い方もできます。

また、メールを送信する際に、BCCに自分のWindows Live Hotmailのメールアドレスを常駐させておけば、自分が出したメールが全部保管されます。

その他、外部から確認したいメールなどは、自分のWindows Live Hotmailのメールアドレスに転送させておく、という方法もあります。

「Windows Live Hotmail」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン