Windowsの電源がなかなか切れない

「最近、パソコンの調子がよくないんです。パソコンを終了しようとすると、なかなか電源が切れないんです」

このような苦情(?)を聞いたことありませんか?

よく聞くと、パソコンを使用しているときは、特に問題はなく、困っているのは、パソコンの電源を切るときだけだというのです。

そこで、確認をしたところ、原因は、Windowsの自動更新を自動にしているからでした。

コントロールパネルを開くと、その中に、「自動更新」というアイコンがあります。

これをダブルクリックすると、推奨されているのは、「自動」です。

ところが、これを自動にしておくと、更新ファイルは、ダウンロードされているのに、インストールは、電源を切るとき、ということが起きてしまいます。

例えば、帰る時間がきたので、パソコンの電源を切って帰ろう、と思ったのに、インストールが終了まで待たされてしまう、ということになります。

これって、迷惑な話だと思いませんか?

ちなみに、自動更新を無効にする、にすると、電源を入れるたびに、警告がでてきて、これまたうるさいです。

というわけで、更新を通知するのみで、あとは、手動でするようにしましたが、やむを得ず更新はするにしても、すべて自動というのは、考えもののような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン