SUM関数で出したエクセルの合計と電卓の合計が違ってしまった

エクセルで縦に50近く入力されている数字を電卓で検算をしたところ、SUM関数で出した合計と違っている、という現象が起きました。

まさか、エクセルのバグか?? こりゃ、Microsoft社に連絡しないといけないな・・・などと思っていろいろやってみました。

なるほど、そういうことだったのか、という理由が見つかりました。

これは、エクセルを使う人でしたら、経験する可能性があると思いますので、ご紹介です。

理由は、ある行を「非表示」にしていたからでした。

仮に非表示にしていても、その部分は、SUM関数で計算されます。

そこで、表示部分だけを電卓で計算しているので、SUM関数ででた合計と違っている、というわけです。

実際に、下記のような方法で試すとよくわかると思いますので、エクセルでお試し下さい。

1)A1からA10まで、全部に10を入れる

2)A12にSUM関数でA1~A10を合計する =SUM(A1:A10)・・・100になります。

3)左端の2~9を範囲指定→右クリック→表示しない

4)こんな感じになります。

1 10
10 10

12 100

※ 電卓で計算すると、10+10=20 なので、計算があわない、と勘違いしてしまいます。

Microsoft社に連絡しなくてよかった(^_^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン