周辺機器を交換したらパソコンが起動しなくなった

メインで使用しているパソコンの内蔵のMOドライブが壊れてしまったので交換をしました。

交換方法は、
1)電源とケーブル類を全部はずしてパソコン本体の蓋を開ける
2)MOドライブについていたケーブルと電源コードを抜く
3)MOドライブのネジをはずして、MOドライブを取り外す

あとは、この逆をします。

4)新しいMOドライブを装着してネジで固定する
5)MOドライブにケーブルと電源コードをさす
6)パソコン本体の蓋を閉めて、ケーブル類を元にもどし電源ケーブルをさす
—————————————-

【トラブル-その1】

さて、新しいMOドライブの動作確認をしようと電源スイッチをいれました。

うっ・・スイッチが入らない・・・電源ランプがつかない・・。

すぐにパソコン本体の電源ケーブルの確認をしました。

よ~く確認すると、なんと、予備のコンセントにささなっていない電源ケーブルをさしていました(^_^;

そりゃ、スイッチいれても電源ランプはつきません(^_^;

で、今度はUPS(無停電装置)から電源ケーブルをたどって、ケーブルをさしなおしました。

今度は、電源ランプが無事つきました。ホッ(^_^)

—————————————-

【トラブル-その2】

ところが、電源ランプがついたのもつかのま、パソコンの立ち上げの最初の画面でエラー発生。

内容は、起動ディスクがない、というもの。

つまり、Windowsのファイルシステムがなくて、パソコンは立ち上がりませんよ、ということ。

MOの動作確認の前に、今まで正常に動いていたWindowsが動かなくなってしまいました(^_^;

パソコンの周辺機器の交換・増設などをするとるとこういうのが怖いのですよね。

すぐにリセットボタンを押してBios画面で確認したところ、ハードディスクとMOが認識していないことがわかりました。

ただし、ハードディスクのランプはついているので、考えられるのは、ケーブルが抜けていることです。

そこで、再度、最初と同じ手順でパソコンの蓋をあけて、ケーブル類のチェックをしました。

原因発見!

ケーブルは、ハードディスク→MO→マザーボードとつながっていますが、大元のマザーボードからケーブルが半分はずれていました。

MOからケーブルを抜き差しする段階で、ケーブルを引っ張ったときに、マザーボードから抜けてしまったのだと思います。

急いで作業をしていたので、目だけで確認をしたのが失敗のもとでした。

パソコン内部のケーブルは、いりくんでいるので、目では見えない死角があるんですね(^_^;

今度は、全部のケーブル類を目と手を使って、きちんとささっているかを確認しました。

スイッチオン・・・無事、パソコンは起動して、新しいMOでの読み書きもできました。

—————————————-
トラブル-その1などは、まさかそんなことはないだろう、と思うかもしれませんが、うっかりミスでこういうことがありえます。

また、トラブル-その2は、最初の段階できちんと目と手を使ってケーブルのチェックをしていれば起きないトラブルでした。

急がば回れではありませんが、手抜きをしてしまうと、必ずこういうことになってしまいます。

手順をふんで確実に作業をせねば、と痛感いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン