突然インターネットができなくなった-「ローカル エリア接続」が無効

ネットワーク関係のトラブルの解決は難しいですが、さきほど電話で受けたトラブルの相談内容は、ここのところよくあるトラブルと同じ内容だったため、すぐに解決できました。

———————————-
お客さま:「メインのパソコンでインターネットがつながらなくなってしまいました。どうしたらいいでしょう?」
私:「もう一台のネットワークにつながっているパソコンの方はどうですか?」
お客さま:「そっちはインターネットにはつながります。ただ、プリントアウトはできません」
私:「メインのパソコンでプリントアウトはできますか?」
お客さま:「はい、プリントアウトはできます。」
———————————-
今回のお客さまのところのパソコン構成を簡略化すると下記のようになっています。

メインパソコンともう一台のパソコンの構成図

メインパソコンともう一台のパソコンはルーターを通してインターネットに接続しています。

また、プリンターは、メインのパソコンとUSBで接続されていて共有設定をしています。
もう一台のパソコンは、メインパソコンを通して、プリントアウトできるようになっています。

上記の会話から考えられるのは、メインパソコンのネットワークがおかしいのではないか、ということです。

というのは、消去法で考えると、一台のパソコンでインターネットはできているので、インターネット回線は問題ありません。
また、メインのコンピューターはプリントアウトできますので、プリンターとの接続自体にも問題はありません。
ということは、残るはメインパソコンとルーターの間、つまり、メインパソコンのネットワークということになるからです。
———————————-
そこで、メインパソコン(WindowsXP)の「ネットワーク接続」の画面を確認してもらいました。

スタート→マイコンピューター→その他の「マイネットワーク」を右クリック→プロバティ

「ローカルエリー接続」のアイコンの色を確認してもらったところ、白っぽいとのことでした。

そこで、「ローカルエリー接続」のアイコン→右クリック→「有効にする」→クリックで「有効」にしてもらいました。

ローカルエリー接続-無効→有効

アイコンは、はっきりした色になったということですので、ブラウザを開いてもらったところ、インターネットに接続できました。

また、他のパソコンからプリントアウトしてもらったところ、こちらも無事、印刷ができるようになりました。
———————————-
今日のポイントは、
1)インターネット接続が急にできなくなったら、「ローカルエリー接続」を見てみる
2)そして、「ローカルエリー接続」が「有効にする」になっていたら現在は「無効」ですので、「有効ににする」をクリックして「有効」にする、です。(ちょっとややこしいですね)

ただ、「無効」になる理由はどうしてだかわからず、突然そうなってしまうので困ってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン