どうせなら、同じ製品を安く買うコツ

予算の関係で欲しい製品を新品で購入できない場合は、予算内の別の製品を探すか、中古品を探す、という方法があると思います。

しかし、中古品は、当たり外れもあって、なかなか難しいですよね。
また、気持ち的にも、中古品に抵抗がある人もいると思います。

そこでおすすめなのは、同じ中古品でも、実は新品と同じだけれども、価格が安くなっている製品を探す、という手があります。

どういうことかというと、中古品の中には、例えば、検品時に開封をしただけの新品という製品があります。
開封をしただけで、中古品扱いになってしまうんですね。

例えば、パソコンの場合でいうと、私のところでパソコンの依頼を受けると、まずは、私の方に届けてもらって、私の方で開封して、セットアップをしてから、お届けします。
つまり、お客様のところに届くパソコンは、「開封済」なわけです。
お客様からすれば、もともと、開封済の製品が届くことになっているので、その製品が、最初にどこで開封されたのか、ということに関心はありません。
私としては、1度開封していようが、未開封の製品だろうが、関心があるのは、中身なので、新品であれば、私にとっては、中古品ではなく、新品なんですね。

検品時に開封をしただけの新品で中古品扱いの製品は、開封をしたか否か、とう気分的な部分で価格に違いがあるだけです。

新品の製品を安く購入するコツの一つは、この「開封をしただけの新品」を上手に探し出せるか、だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン