オイルパネルヒーター、我が家はデロンギではなく、ユーレックスにしました。

要介護2の母の生活の場で使用する暖房器具として、オイルパネルヒーターを入れることにしました。
他の暖房器具では、火事や火傷の心配があるからです。

私が製品を買う場合は、下記のような段取りで行います。

  1. まず、下調べとして、インターネットで、必要な情報をあつめます。
  2. 次に、現物を確認したいので、量販店に足を運んで、店員さんから生の説明を聞いて、カタログを集めます。
  3. 最後に、インターネットと量販店で集めた情報を元に、最終的に買いたい製品を絞って、その製品を扱っている一番条件のいい通販サイトを探して、オーダーをします。

下調べ

今回の場合は、「オイルパネルヒーター」というキーワードで検索して、情報を集めました。

現物の確認

次に、量販店のオイルパネルヒーターの売り場で、やっぱり現物を確認しにきてよかった、と思いました。

今回のオイルパネルヒーターのポイントは、「タイマー」で、現物を見るまでは、第一候補は、「デロンギ」でした。
ところが、実際に現物を見た瞬間に、「あ、デロンギのタイマーの位置では、母は使いにくくてだめだ」と思いました。

操作パネル母の場合は、ベッドに座った位置ないしは立った位置でタイマーの操作をするはずなので、操作パネルは、上から見える位置にあるのがいいのです。

V551115EFS

ところが、デロンギの操作パネルは、背面から見るタイプだったのです。
この位置だと、母は、かがみこまないと、操作ができませんので、使いにくいはずです。

インターネットで調べたときの画像からは、全然気づきませんでしたが、実際にみると、こういうことがわかるので、現物の確認が必要だと思うのです。

さて、とりあえず、カタログは、デロンギとユーレックスの製品のものをもらってきましたが、ひととおりカタログに目を通して、結局、ユーレックスのオイルパネルヒーターに絞りました。

ところが、「ユーレックス」のキーワードで検索してみると、不思議なことに気が付きました。

私がもらってきたカタログには、品番として、GR9CVS、GR11EVS、GR14J2VSの種類が出ていますが、インターネットで調べると、その他に、GR12EVSという製品があるのです。

ところが、このGR12EVSについては、どうも、「ユーレックス」の正規代理店でしか購入できなず、価格も値引きなし、
という感じでした。

最初、「ユーレックス」は、安く買える店はないのか、と思ってしまいましたが、GR12EVSとほぼ同等の機種である、GR11EVSは、検索すると、安く入手できるショップが出てくるのです。

私が今回調べたところでは、GR11EVSだと、通販だと価格が約1万円安くなります。

これに対して、GR12EVSは、特定のショップでしか販売していなくて、値引きなしでした。

私にとっては、値引きなしで買わなければいけないだけの理由がみつからなかったので、結局、量販店でも売っていたGR11EVSを購入することにしました。

価格は、通販の方が約1万円安く買えます。
なお、量販店のポイント還元を考慮しても、通販の方が安く入手できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン