USBタイプのLANアダプター

私が仕事で持ち歩いている鞄は肩にかけるタイプですが、お客様は「ドラえもんバッグ」と呼びます。

なぜかというと、現場での予想外のトラブルに備えて、いろいろな大物・小物の道具が入っているからです。

今日活躍したのは、タイトルにある「USBタイプのLANアダプター」でした。

トラブルの内容は、「突然インターネットがつながらなくなった」です。

インターネットがつながっていれば、リモートアクセスツールを使って問題解決できることが多いのですが、肝心のインターネットがつながっていないと、最終的には、現地に行って原因をつきとめて解決せざるを得ません。

今回は、パソコン本体のLANケーブルの差し込み口が、何らかの原因で不良になっていました。

そこで、LANケーブルはパソコンにはささっているのに、パソコンには、LANケーブルが抜けています、という警告が表示されてしまい、インターネットにつながらない、という状況でした。

メーカーに修理を出すと大変なので、今回は、内蔵ボードタイプのLANアダプターを増設して解決することにしましたが、これは持ち合わせていませんでしたので、次回までの応急処置として使ったのが、USBタイプのLANアダプターです。

今日のところは、常備しているUSBタイプのLANアダプターでインターネットにつなげて、インターネットができるようになりました。

さて、USBタイプのLANアダプターは、今回のように、パソコンに内蔵のLANアダプターが壊れた場合に役立つのはもちろんですが、私がUSBタイプのLANアダプターを常備しているメインの目的は、実は、パソコンのリカバリーの作業用なんです。

どういうことかというと、パソコンをリカバリーしたときに、各種ドライバーがなくても、インターネットにつながりさえすれば、不足のドライバーを手にいれることが可能です。

ところが、パソコンに内蔵されているLANボードのドライバーがそもそもインストールできていないと、インターネットを利用できないのです。

まずは、何が何でも、インターネットにだけはつなげられるようにしなければいけない。。。。

そこで重宝するのが、USBタイプのLANアダプターです。

このUSBタイプのLANアダプターでインターネットにつなげて、パソコン内蔵のLANボードのドライバーを入手する、というわけです。

パソコン内蔵のLANボードが使えるようになれば、パソコン内蔵のLANボードは、用済みとなりますが、USBポートからはずすだけですので、作業は非常に簡単です。

というわけで、パソコン内蔵のLANボードは、私にとっては、いつもカバンに常備している大切な小道具です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン