メールで添付ファイル(フォルダー)が送れない

相談内容

メールで複数のファイルを添付して送信したが、うまく送れなかった。
どうしてでしょう? また、どうすればいいでしょう?

原因

添付の仕方を聞いたところ、「フォルダー」の中に送信したい全部のファイルがあり(そのフォルダーの中にさらにフォルダーがあって、その中にも、複数のファイルがある)、その「フォルダー」を指定した、とのことでした。

今回、添付ファイルが送れなかったのは、「フォルダーを指定」して添付してしまったからでした。

解説

例えば、パソコンにあるデータをUSBメモリーにコピーしたい場合は、全部のデータが含まれている「フォルダー」を一つ選択して、コピーすればOKです。

ところが、メールに添付する場合には、不思議なことに、「フォルダーを選択」する方法ではだめなんですね。

具体的には、添付したい「個々のファイル」を全て選択して、添付する必要があります。

以上が、複数のファイルをメールで添付する場合の基本的なルール(やり方)です。

応用

確かに、ファイルの数が少ない場合は、個々のファイルを選択する、という方法でもいいと思います。

しかし、ファイルの数が多かったり、今回の場合のように、フォルダーの中にフォルダーがあって、さらにその中にフォルダーがあって・・・という場合は、個々のファイルを全て選択するのは大変です。

そこで、今回のような場合は、「1つのファイルにパック」して、このパックしたファイルを添付する、という方法をとります。

では、どうやって複数のファイルをパックするか?というと、ここで使うのが、「圧縮・解凍ソフト」です。

「圧縮・解凍ソフト」は、その名の通り、ファイルの容量を圧縮して、サイズを小さくしたり(圧縮)、元に戻してくれる(解凍)ソフトです。

ところが、「圧縮・解凍ソフト」の役割で忘れてはいけないのが、複数のファイルを、1つのファイルにパックしたり、元の複数のファイルに戻してくれる、という機能です。

今回の場合、送りたいファイルの入っているフォルダーを、まずは、「圧縮・解凍ソフト」で、圧縮して、ひとつのファイルにします。

この圧縮した「ファイル」を、メールに添付すれば、複数のファイルを相手に送ることができます。

補足

画像ファイルは、既に圧縮されていますので、「圧縮・解凍ソフト」を使っても、ファイルサイズは、ほとんど変わりません。

それでも、複数の画像ファイルをメールで添付する場合に、「圧縮・解凍ソフト」を使うのは、画像ファイルを1つにパックするためです。

「圧縮・解凍ソフト」は、パソコン通信時代には、誰もが必ず使用していた必須ソフトで、当時、LHA(拡張子はlzh)の作者である吉崎 栄泰さんの記事を読んで感動したのが昨日のことのように思い出されます。
吉崎栄泰さんのLHAワールド

参考までに。現在、私のお勧めの「圧縮・解凍ソフト」は、作者: Schezo さんの「Lhaplus 1.57」です。
VECTORから入手できます。 →ここから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン