習字やそろばんを習う子が半減とは・・・・・

文科省の実態調査によると、学習塾以外の習い事に通う公立校の小中学生で、習字やそろばんに通う子供の割合がほぼ半減とのこと。
スポーツ、舞踊は増えており、内容が大きく変化している、というニュースを聞いて、不思議でなりません。
学生時代に家庭教師をしていた経験から、「読み・書き・そろばん」が基本というのは間違いないと確信しています。
受験対策という観点からも、社会に出てからのことを考えてもこの3点は必須だと思います。


わが娘も、これから教育の問題にぶちあたるわけですが、パソコンの入力が誰よりも速くて正確というより、字が誰よりも読みやすくて綺麗というようにしたいと思っています。
あくまでも、私の基準(ものさし)ではありますが、最近のニュースは、どうもおかしい・・・というものが多すぎて溜息が出てしまいます。
う~ん・・・・・・であります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン