Vistaを援護する-その3

WindowsVistaは、「ガジェット」といって、デスクトップに時計などの小物を標準で置く機能がありますが、これは結構重宝します。
ガジェット-時計

ただ、最初、「ガジェット」を起動するためのアイコンが見つからず困ってしまいました。

また、いつもながら、「ガジェット」という専門用語の意味がわからず、いらついてしまいました。

まず、「ガジェット」(gadget)の意味をIT用語辞典で調べてみると、目新しい道具、面白い小物、携帯用の電子機器といった意味の英単語であることがわかります。

英語を母国語にする人にとっては、日常用語なので苦労することはないでしょうが、日本語を使う私たちにとっては、この日常用語が専門用語になってしまうので、本当にやっかいです。

ということは、便利な小道具をデスクトップに置くという発想は、WindowsVista独自の発想ではない、ということに気づきます。

ならば、WindowsXPやマッキントッシュのデスクトップに時計を置きたいと思えば、そのような小道具を探してくればいいのでは、と思ったら、例えば、「Yahoo!ウィジェット」をダウンロードすれば、時計やカレンダーなどをデスクトップに置けるということがわかりました。
http://widgets.yahoo.co.jp/

また、Mac OS X Dashboard ウィジェットというものもあるのですね。
http://www.apple.com/jp/downloads/dashboard/

ちなみに、「ウィジェット」(Widget)は、小さな道具とか小妖精という意味のようですが、「window gadget」の合成語ともいわれているようです。

あと、「ガジェット」の起動のさせ方がわからず、また、「Windowsサイドバー」と「ガジェット」の関係もわからず、とても混乱してしまいましたが、要は、「Windowsサイドバー」を起動すると、「ガジェット」が使えるようになるということなんですね。

そこで、「ガジェット」を起動させたければ、「Windowsサイドバー」を起動すればいいのですが、「Windowsサイドバー」の起動アイコンの場所が最初わかりませんでした。

「Windowsサイドバー」は、全てのプログラムの中の「アクセサリ」の中に隠れて(?)しまっていますので、探しづらいです。

もう一つ、「Windowsサイドバー」を起動させて、最初、ギョッ! とびっくりしたことがあります。

それは、「Windowsサイドバー」を起動させると、右端が黒のグラデーションで表示されるのですが、これ、モニターの端が故障で暗くなってしまったのではないか、と勘違いしてしまったことです。

いやはや、たった「ガジェット」という機能を使うだけでも、これだけ悩んでしまいますので、WindowsVistaを援護するのもたいへんだなぁ、と感じてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン