IDとパスワードの保存-ID Manager(SOFT)のご紹介

今回は、IDとパスワードを管理するフリーソフト「ID Manager」のご紹介です。

インターネットを使用していると、IDとパスワードの登録がいたるところで必要になってきます。

IDとパスワードの管理に皆さんお困りではありませんか?

———————————-
まず、IDとパスワードの管理の方法ですぐに思い浮かぶのが、全てのサイトに「共通のパスワード」で登録する、という方法です。

しかし、この方法は非常に危険なことです。

———————————-

古い話になりますが、パソコン通信時代にこんなことがありました。

ある女性を好きになってしまった男性が、なんとかして、その女性の行動を知りたいと思って、彼女のメールを盗み読みしたいと思ったのですね。

パソコンに関してはプロの腕前の彼は、すぐにパソコン通信のホストを開局して、皆に宣伝をしました。

しばらくして、ついに目当ての女性が訪れて、ユーザー登録をしました。

彼の思惑通り、彼女は、どのサイトでも「同じパスワード」で登録をしておりました。

ユーザー登録の際のパスワードは、暗号化されていなかったのでホストの管理者は見ることができるのです。

ついに彼は、そのパスワードを利用して、彼女のメールを盗み見ることに成功しました。

実は、ある出来事で、彼の行いがばれてしまいまして、「ユーザー登録する際に、同じパスワードを使うのは怖い!」ということが、言われるようになりました。

同じパスワードを使うのは、セキュリティ上問題がある、というのは上のような事例で考えれば納得できると思います。

———————————-

そこで、「異なるパスワード」で登録するようになると困るのが自分で設定したパスワードを「忘れてしまう」ことです。

その対策して、ポストイット等にメモをして、パソコンの画面等に貼り付ける、という方法が考えられますが、これまた危険です。

私のお客様の知り合いの会社では、インターネットパンキングの情報をパソコンの画面に貼っていたそうです。

その銀行は、セキュリティがしっかりしていて、特定の回線につながったパソコンからしかアクセスできないそうです。

ところが、夜間侵入した泥棒は、その会社から、そのパソコンで画面に貼ってあった情報で銀行にアクセスして、1億円近い
お金をダミーの口座に送金した、というのです。

「関係者以外は部屋には入ってこない」と思っても、パスワード等の情報は、人目のつく場所に貼り付けたりしてはいけないという例です。

———————————-

そこで登場するのが、今回ご紹介するパスワード管理ツール「ID Manager」です。

詳細については、ソフトの作者のページをご覧になって下さい。

http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm

私のお薦めのポイントをあげますと

1)「ID Manager」を「パスワード」で暗号化して保存できます。
これによって、他人に盗み見される危険性が低くなります。

2)ツリービューによる階層化グループ分けができてID管理がしやすいです

3)サイトの空欄への貼り付けを自動化できます(これ超便利!)
(自動化のためのカスタマイズができるんです)

4)備考欄に書き込める文字数が多く便利です(最大32,767文字まで)
私は、メールで連絡がきた内容をそのまま貼り付けたりしています。

5)パスワードを自動生成する機能もついています
どうせ「ID Manager」で管理して、自動貼り付け機能で覚える必要が
ないのなら、乱数のパスワードを作ろう、というときに便利です。

もちろん他にも豊富な機能があるのですが、このソフトは重宝しています。

ぜひぜひお試し下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン