NOD32 アンチウイルスが原因で通信ができない事例あり

介護事業で必須の国民健康保険中央会の介護伝送ソフト。

今回は、NOD32 アンチウイルスが原因で通信できないという事例がありましたのでそのご紹介です。

Norton Internet Security やソースネクストのウィルスセキュリティのセキュリティが原因で特定のソフトの通信機能がうまいかなかったり、ネットワークがつながらなくなった、とういことはよくあります。

また、WindowsXPのセキュリティセンターのファイアウォールが原因の場合もあります。

接続がうまくいかないときは、一度セキュリティ関係のソフトを一時無効や終了などして様子を見てみます。

今回問題の起きたのは、Windows2000、介護伝送ソフト専用のため、ほとんどソフトはインストールされていませんでした。

サポートセンターの話では、エラーメッセージから判断すると、何らかのソフトが邪魔をしているのでしょう、とのことでした。

疑わしいソフトといえば、このNOD32 アンチウイルス位です。

しかし、NOD32は、ウィルスソフトなので、そんな悪さをするとは思えないし、そもそも、セキュリティソフトのような設定画面もなかったように思いました。

それでも、「NOD32が犯人ではない」という確証は、100%ではありませんでしたので、まずは、終了して接続を試してもらいました。

ところが、それでも通信不可。

そこで、「NOD32が犯人ではない」という確証は100%に近づきました。

しかし、自分がこのトラブルを解決するときどうするか、と考えたら、疑いが完全に晴れない以上、念のためNOD32をアンインストールする、でした。

迷いましたが、NOD32をアンインストールして再起動してもらい、再び通信をしてもらいました。

なんと、通信成功となりました。
——————————–
以前は、Norton Internet Securityを薦めていました。

しかし、Norton Internet Securityをインストールしていると、インターネット上のカウンターがいつも「888888」となって、うまく表示されなかったり、といろいろな不都合がでてしまうので、薦められなくなりました。

現在では、ウィルスソフトでしたらキヤノンシステムソリューションズのNOD32 アンチウイルスをお薦めしていますが、今回のようなことがあることは知っておいた方がいいと思います。

あとは、最近発売された、ソースネクスト社のウイルスセキュリティZEROもお薦めです。

Norton Internet Security やソースネクストの普通のウィルスセキュリティは、1年に1度ソフトを買い換えない「1年版」です。
これに対して、ウイルスセキュリティZEROは、「無制限版」なんです。

「ウイルスセキュリティ」は、プログラムやサービス内容は同じで、使える期間だけが異なります。

使える期間は1年 OR 無制限と全然違うのに、価格は、約2倍違うだけです。

そういうわけで、今後は、ソースネクスト社のウイルスセキュリティZEROがシェアを伸ばしていくのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン