プログツールとして「WordPress」を追加

XOOPSの導入の準備をはじめた頃、「プログのソフトに何を採用するか?」という点に頭を悩ませていました。

「MovableType」というプログソフトの案内書をたくさん目にしていましたので、当初は、「MovableType」の導入を考えました。
ところが、「MovableType」の場合には、ライセンスことがいろいろ書いてあって、その内容をよく理解することができませんでした。
どうやら、「MovableType」の導入には、お金がかかるらしい?! さて、どうしたものか、と思い悩んでしまいました。

そんな時に、たまたま、サイトの勉強に使用していた本の著者のホームページ上で、「MovableType」から「WordPress」というソフトに乗り換えた、という記事を読みました。
そこで、早速、「WordPress」を入手して、サイトにアップして使用してみました。
ちなみに、「XOOPS」と「WordPress」のサーバーに必要なインストール条件は同じなので、スムースに作業は進みました。

ところが、ここで、一つの問題にぶつかりました。
一方で、「XOOPS」があり、もう一方でプログのソフトである「WordPress」がある。では、この二つを、どのように導入していけばいいのだろう?という問題でした。

そんなときに、XOOPSのモジュールの中に、ブログソフト「weBLog」があり、これをXOOPSに取り込めば、XOOPSとプログを一本化できる、ということを知りました。
これこそ、私の求めていた導入方法と考え、早速、「weBLog」を探して、XOOPSに組み込もう、と試みました。
ところが、ところがです。他のモジュールは、すんなり追加ができたのに、「weBLog」はやり方が違うようで、うまく追加ができなかったのであります。

はぁ、参ったなぁ、と思って、XOOPSの公式サイトのモジュールのリストを読み進んでいたら、なんと、「PHP+MySQLベースのブログツールWordPressの日本語版である、WordPress ME 1.0.3をXOOPSモジュール化」という内容を発見しました。
「XOOPSにWordPressを組み込む」ということが、私の悩みの解決策となりました。
そのようなわけで、早速、「WordPress」を追加いたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン