Window10にするのはちょっと待った>インターネットバンキング利用の場合

先月の末にマイクロソフト社は、Windows10への無償アップグレードを開始しています。

>Windows10に無料でアップグレード>http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade

アップグレードをした方がいいんですか?

アップグレードをしなければいけないんですか?

アップグレードをしたいんだけど大丈夫ですか?

いろいろなパターンで人それぞれに疑問があると思います。

今回は、「インターネットバンキング利用者」にとってどうか、という観点からの回答となります。

結論としては、インターネットバンキングを利用しているパソコンについては、Windows10にするのは待った方がいいと思います。

理由は、銀行側が、新しいOSやブラウザに対応できていないからです。

例えば、三菱東京UFJ銀行の場合は、下記のような案内がきています。

三菱銀行Windows10

※インターネットバンキングがクリアしたからWindows10にしても大丈夫、とは思わないで下さいね。
例えば、会計事務所でスタッフが使用しているパソコンをWindows10にしたから、利用している会計ソフトは使えなくなって、業務はストップしてしまう、と思います。
私は、一つの判断基準(目安)として、「OSが変わると、今まで使用していたソフトは、使用できなくなる」という観点で考えるようにしています(全部のソフトが使えなくなる、というわけではありません)。

私は、昨年の4月にWindowsXPからWindows7にしたパソコンは、2020年までは、そのままWindows7で使い続けて、2020年になったら、Windows11ないしはWindows12にしようと思っています。

不思議に思うかもしれませんが、WindowsVistaが登場した際に、実際にWindowsVistaを2週間ほど使ってみて、「今のWindowsXPを使用する上で問題がないのであれば、WindowsVistaの次か次のバージョンまで待った方がいいと思います」とアドバイスをしました。

Windows7が登場したときに、使用してみて、私としては、使いやすいと感じたので、その段階で、WindowsVistaを飛び越して、Windows7にしました。

なお、最近までWindows8については、消極的というより否定的でした。

しかし、デスクトップは別として、ノートパソコンやモバイルについては、Windows8.1はお薦めで、Windows10にすることについても、前向きに考えています。

私が外出時に愛用するようになったWindows8.1のモバイルも、本当なら、Windows10にしたいのですが、そうすると、ドライバの関係や、メーカーのサポートが受けられなくなる、ということで、現在は、この件について時間をかけられないので、残念ながら保留中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン