困った:ノートパソコンを購入してメールをしようとしたけどメールソフトがない

相談内容

今回は、リモートメンテナンスでの作業でした。

当社のリモートソフトをサイトから起動してもらって、パソコンを見せてもらったら、すぐにレノボのノートだということがわかりました。

hao123の文字が、すぐに目に飛び込んできましたからね。

OSは、Windows8.1でしたが、スタートボタンを押しても、Windows7のようにメニューが出てきません。

そこで、まずは、Windows7と同じようにできるソフトをインストールさせてもらって、圧縮・解凍ソフトもあわせてインストールしました。

改めて、左下に作ったスタートメニューで確認したら、レノボは、標準では、Windows Live メールインストールされていないみたいですね。

そこで、Windowsのサイトからダウンロードしてインストールしましたが、インストールしても、起動が失敗しました。

「WLDCore.dllがないためプログラムを開始できません。問題を解決するためにはプログラムを再インストールしてみてください」と表示される」とエラー表示されます。

いやいや、これはまいりました。

コントロールパネルのプログラムと機能から、アンインストールより行うで、Windows Essencialsのメールのみアンインストールして再インストールしようかと思ったのですが、他の方法がないか、グーグルで調べてみました。


原因は、「WLDCore.dll」がない、ということなので、もしも、別の場所にあれば、そこからコピーしてもってくればいい、ということでした。

あるべき場所は、
C:Program FilesWindows LiveMailフォルダ

wldcore.dllが存在する別の場所は、
C:Program FilesWindows LiveSharedフォルダ

※ 64bitだと、Program Files (x86) かもしれません。

wldcore.dllをコピー貼り付けしたら、無事に起動しました。

確かに、Windows7やWindows8をリカバリなどでインストールすると、Windows Live Mailは、入っていません。

しかし、通常、もともと、Windows7やWindows8がインストールされているパソコンは、Windows Live Mailが入っているものだ、と思い込んでしまいます。

しかも、こんなエラーが出てしまっては、初心者の人は、お手上げでしょうね。

ちょっと、びっくりでしたが、無事、メールが使用できるようになってよかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン