量販店を上手に利用した通販サイトの利用方法

今回、故郷のおじいちゃん、おばあちゃん用にデジタルフォトフレームをプレゼントすることになりました。

条件は、デジカメの静止画はもちろんですが、動画と音声も出るもの、でした。

価格の点で、通販を利用するのが賢い買い方だと思いますが、現物を見てみないことには、イメージがつかめません。

また、直接、販売員からの話も聞いたりして、生きた情報も必要です。

そこで、私が通販サイトで初めての品物を購入する際には、量販店に出向いて、現物を見て確認してから、通販サイトで購入するようにしています。

今回のデジタルフォトフレームの購入は、パソコン関係のお客様だけではなく、一般の方にも参考になると思いますので、ご紹介します。

その1:量販店で現物を見て人気商品と価格を確認

まず、インターネットで、まずは下調べをするのですが、デジタルフォトフレームを探そうとしたところ、「フォトアルバム」という単語しか思い浮かびませんでした。

ところが、このキーワードで検索しても、思った商品が出てきませんでした。

そこで、今回は、インターネットで調べようにも、調べられなかったので、まずは、量販店に行って現物を確認しに行きました。

そうしたところ、私の欲しい品物は「デジタルフォトフレーム」という名前だとわかりました。

「デジタルフォトフレーム」のコーナーには、想像以上にたくさんの製品が並んでいて、もうびっくりするばかりで、どれがいいのか全くわかりません。

そこで、その量販店での売れ筋ランキングを見て、品物を絞ってから、ラベルなどで商品の概略を確認して、店員さんに説明を聞きました。

確認したのは、

  1. 自分の条件に合った品物はどれか?(動画と音声も出る)
  2. 安い価格帯でお薦めはどれか?
  3. ランクの上のお薦めはどれか?
  4. 安い品物とランクの上の品物の違いは何か?
  5. 店員さんが個人的に購入するなら、どういう理由で、どれを選ぶか?

さて、今回、候補にあがったのは、富士フィルム社製の「デジタルフォトフレーム DP-7V」でした。

売れ筋ランキング第3位で、山積みで8800円で売られていました。

価格は、15000円位を予想していたので、一般の人でしたら、そのまま、この品物を購入していくケースが多いのではないかと思います。

しかし、私の場合は、売れ筋の上位機種の型番と価格もメモした上で、家に戻り、インターネットで情報を集めました。

その2:インターネットで候補の品物の価格を調べる

まず、買おうと思ったその品物の通販での最安値を調べます。

価格は、価格コムや価格比較サイトconeco.net (コネコネット)で調べます。

すると、通販サイトでは、最安値のショップでは5400円位で購入できることがわかりました。

在庫があるので、着払いを利用すれば、すぐに届くことも確認できましたので、これだけで、量販店で購入するより、通販サイトを利用すれば、3000円も安く購入できることがわかります。

その3:候補の品物の似た機種や最新機種の情報を確認する

今回、この記事を書こうと思った一番大きなポイントは、実はこの点です。

具体的に書きますと、デジタルフォトフレーム DP-7Vは、メーカーサイトで確認すると、発売日が、2009年10月10日 です。

つまり、1年も前の製品ということなのですが、この日付を見て「ピーン」とくるのがポイントなんです。

デジタル製品は、1年もたつと、もっと進歩した品物がでるのが通常ですし、しかも、価格も安くなることも多いんですね。

また、なぜ発売日が年末なのか、というと、クリスマスを中心として年末商戦の一環のはずです。

ということは、新機種が出ている可能性が高いと思われるので、改めて、メーカーのサイトを調べてみました。

すると、似たような型番で、「デジタルフォトフレーム DP-S7V」という製品が、発売日 2010年11月20日で発売されていました。

そこで、「DP-7V」と「DP-S7V」の両社の外観や特徴、仕様を比較したところ、「DP-S7V」は「DP-7V」改良型と理解していいと思われました。

さて、では、気になる価格はどうかと調べたところ、約6000円でした。

その4:通販サイトで発注

さて、価格(概略)と機種の比較です。

  1. 量販店で購入した場合・・・「古い機種」で価格は8800円
  2. 通販サイトで購入した場合(その1)・・・「古い機種」で価格は5400円
  3. 通販サイトで購入した場合(その2)・・・・「新しい性能のいい機種」で6000円

さて、皆さんなら、どれを選択しますか?

私が製品を探す際のポイント、選択する際のポイントは、「いいものを安く」です。

ですから、今回、私が最終的に選んだのは、3番目の「新しい性能のいい機種」で通販価格最安値で6000円の「デジタルフォトフレーム DP-S7V」でした。

今回は、急ぎでしたので、着払いで発注しましたが、発注後、2日後には届きました。

すぐに、内容を確認しましたが、まさに「いいものを安く」入手できて、とても満足できる買い物でした。

早速、私の娘の生まれてから今日までのデジカメの画像と動画をピックアップして、セットして故郷に贈ることができました。

その5:まとめ

今回の買い物で、価格が1万円以下で、3000円以上の節約ができました。

これが、大型家電などでしたらどうでしょう?!

通販サイトと量販店を上手に利用すると賢い買い物ができるのではないかと思います。

ちなみに、今回の件でもそうですが、量販店の店員は、新しい機種が出ていることを教えてくれませんでした。

つまりは、「安いですよ!」「お買い得ですよ!」と客を煽って、実は、在庫整理をしている、と感じてしまいます。

しかも、在庫整理であるならば、その分価格が安いのならまだしも、決して安くはないのです。

話はとんでしまいますが、私は現在、iphoneの1世代前の機種を使っています。

実は、新しい機種のことを知らなかったので、在庫整理で買わされた、という思いがつきまとっています。

別のiphoneのユーザーも、新機種が出たあとに、1世代前の機種を買わされています。

そんな不愉快な気持ちもあって、近く、私はiphoneを途中解約をするのですが、知らない人が損をするような販売方法は、いかがなものか、と思うのであります。

とはいえ、上記の販売方法としては、やむを得ないところもあるのかな、とも思ったりもします。

文句や不満ばかりを言ってもしかたありませんので、自衛策としては、インターネットや詳しい人に聞いたりして、最新の情報を上手に入手する工夫をしていかねば、ですね。

ちなみに、iphoneを解約する主な理由は、知らない間に勝手に電話がかかってしまう不都合があるからで、iphoneは、Wi-Fiなどを上手に利用して今後も使い続けます。

その5:補足

手持ちの動画ファイルは、そのままでは「デジタルフォトフレーム DP-S7V」でうまく表示させられませんでした。

動画ファイルの規格はたくさんあって、いつも悩みの種ですが、今回のポイントは、動画の対応ファイルが 「AVI(Motion-JPEG、H.264)/MOV(Motion-JPEG、H.264)」だからです。

正直、一筋縄ではうまくいきませんでしたが、今回は、Yahooの知恵袋のサイトから、お知恵を拝借して、最終的には、BatchDOO!というソフトを利用してでうまくいきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン