WiondowsXP搭載モデルの販売が終了間近

WindowsVISTAやWindows7が登場しても、WindowsXPは根強い人気でした。
安定もしていましたし、ユーザーが慣れていたというだけでなく、企業などで使用しているソフトが、WindowsVISTAやWindows7に対応していない、という理由が大きかったと思います。

ただ、WindowsXPを使い続けたい別の理由としては、WindowsVISTAが使いにくくて、WindowsVISTAは使いたくない、ということもあったと思います。

しかし、Windows7については、実際に使ってみると、WindowsVISTAのときのような、いやな感じがありません。

というわけで、最近では、WindowsXPにしなければならない積極的な理由(企業で、WindowsXPにしか対応していないソフトを使っているなど)がなければ、Windows7を導入するようになりました。

各パソコンメーカーからの案内も、そのようになってきました。

例えば、エプソンダイレクトから届いたFAXによれば、WindowsXP Professionalのダウングレードサービス(プレインストールの出荷)は、2010年10月22日で終了ということです。

また、DELLからのFAXにも、WindowsXP搭載パソコンは、間もなく販売終了を予定している、とあります。

WindowsVISTAが出て評価版を使ってみて、半分冗談、半分本気で、次のバージョンのOSが出るまで、我慢してWindowsXP(ないし Windows2000)を使って、WindowsVISTAは使わない、というユーザーが多い、と話していましたが、これ、本当になってしまいました・・・。

というわけで、私個人のメインパソコンも、WindowsXPからWindows7に代えました。

但し、WindowsXPがどうしても必要だ、ということもあります。

その場合は、WindowsXPのパソコンを用意することは可能ですので、この点は心配しなくて大丈夫です。

当社でも、WindowsXPのパソコンの依頼があれば、WindowsXPをインストールしたパソコンをお届けしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン