Vistaを援護する-その1

Vistaが登場してから、半年が過ぎました。

正直なところ、WindowsXPでいいじゃん!と思っているのですが、実際問題として、量販店で売られているパソコンには、ほとんどWindowsVistaが搭載されています。
食わず嫌いというのもいけませんので、今回は、シリーズ(?)として、逆にWindowsVistaを応援してみたいと思います(^_^;

今日、WindowsVistaについて相談を受けた人の机には、WindowsVistaに関する分厚いマニュアル本が置いてありました。

ところが、実は、私の手元には、WindowsVistaに関する本がまだ一冊もありません(^_^;

そんなわけで、まっさらな状態で、「確かに、Vistaのここはいい!」と気づいたことを順番に書いていきたいと思っております。

さて、私はβ版を含めて、Vistaのインストールを30回近くしているのではないかと思います。

そこで、感じたことが、「WindowsVistaは、リカバリが早くできる!」です。

パソコンを使っていて調子悪くなると、私は、パソコンのリカバリ(買った時の状態に戻す)をします。

Windows2000やWindowsXPの場合、OSのCDから起動して、ディスクをパーティション(ディスクを分割して、容量を振り分けること)に分けたあと、まずは、インストール先のディスクをフォーマットするところから始まります。

ところが、このフォーマットは非常に時間のかかる作業です。

確かにクイックフォーマットも選択できる場合がありますが、私の場合は、通常のフォーマットをするようにしています。

自分の家でリカバリをするのであれば、フォーマットの時間、別のことをしていればいいのでまだましですが、例えば、お客様のところでリカバリ作業をする場合、結局、このリカバリの時間は、待つだけの無駄な時間になってしまいます。

なんとか、フォーマットの時間がもっと短くならないか、と思っておりました。

ところが、WindowsVistaの場合、フォーマットが本当にあっという間に終わってしまう、という感じです。

これは、ストレスなくて、本当にいいと思います。

そんなわけで、WindowsVistaは、調子悪くなったときのリカバリ作業(OSのインストール作業)は、快適になった、と感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン