メールの送受信ができない-セキュリティソフトが原因でした

少し前からメールの送受信ができない、という相談を受けていました。

今日、そのパソコンで実際にメールの送受信をしようとしたら、確かにできないのです。

ところが、インターネットでホームぺージは見ることができて、しかも、社内ネットワークも大丈夫なのです。

個別のソフトがうまく動かないとなると、最初に疑うべきはセキュリティソフトです。

使用していたのは、ソースネクスト社のウィルスセキュリティでした。

画面を開いて確認したところ、Outlook Express が「遮断」になっていました。

ウィルスセキュリティの最初の画面

不正侵入を防ぐの画面

アプリケーションの画面

これを、「変更」で「インターネットへアクセスさせる」にチェックを入れたところ、メールの送受信ができるようになりました。

Outlook Expressのアクセスの許可の画面

Outlook Expressのアクセスの許可の画面

———————————-
今回のようなトラブルは、別にソースネクスト社のソフトが悪いわけではなく、セキュリティソフト共通の問題です。

ちなみに、以前、どのホームページを訪れても、カウンターの数字が8888888となっているので不思議に思っていました。

ノートンインターネットセキュリティ(Norton Internet Security)をオフにすると、数字がきちんと見えたので、自分のパソコンが悪いのではなく、セキュリティソフトが原因していたのだ、とわかったことがあります。

セキュリティソフトは、メーカーによってそれぞれクセというか特徴があるようですので、注意が必要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン