Windowsのムービー メーカーやフォト ギャラリーが使えなくなる?!

最近、Windows10からWindows7に戻す仕事が増えています。

「無料でWindows10にできます!」

これが、マイクロソフト社のキャッチフレーズでした。

なのに、結局は、有料でWindows7に戻すことになる・・・・・。

手間と時間がとてつもなくかかる・・・・。

お金に換算すると、Windows10にしたために、いったいどれほどの損失を被っているのでしょう。

Windowsユーザーは、本当にひどい目にあっている、と感じますが、私を含めて、パソコンの修理業者さんも、別の意味でひどい目にあっています。

というのは、リカバリしてまっさらな状態のWindows7に戻したあと、200から300位の数のUPDATEを行うのですが、これが、エラー続きで、うまくできない、お手上げ状態、という状況が続いているのです。

私も、とりあえずの解決策を見つけるまで、丸々1週間近くを費やしてしまいました。

現在は、途中、エラーや問題が発生しても、なんとか、最終アップデートまでたどりつけるようになりましたが、本当に心が折れる作業が続いています。

そんな状況の中で、とんでもないことに気づきました。

それが、次の記事です。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17779/download-windows-essentials

Windows Essentials2012スイートのサポート終了

これだけ読んでも、だからどうなの?と思うかもしれませんが・・・・。

実は、Windows Essentials 2012の中に「ムービー メーカー」や「フォト ギャラリー」、「Windows Live メール」等が含まれているんですね。

Windows7にリカバリーをすると、これらのソフトは入っていないので、パソコンのセットアップの際には、必ず、マイクロソフト社のサイトから、Windows Essentials 2012をインストールして、これらのソフトを使えるようにします。

ところが、2017年1月10日以降は、「ムービー メーカー」や「フォト ギャラリー」、「Windows Live メール」は入手できなくなりますよ、というのが、この案内の意味するところなんです。

あと、約1カ月。

そろそろ動作が重くなってきたのでリカバリーを、と考えている方は、年末年始を利用して、これらのソフトをインストールしておかなければいけないのでは、と思った次第です。

いつものことですが、なんでマイクロソフト社は、古くからのWindowsユーザーを大切にしてくれないんですかね。

Office2007が出てからというもの、マイクロソフト社は、知識や経験をもつベテランユーザーは、邪魔で切り捨てたいのかな・・・と思ってしまいます。

反感や買うだけだと思うですが・・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン