ウィルスセキュリティZEROがバージョンアップしてプリンターが動かなくなった

相談内容

数日前から突然会社のプリンターで印刷できなくなった、という相談を受けました。

トラブル直前に何か特別な作業をしなかったか、と確認したところ、ウィルスセキュリティZEROのバージョンアップをした、とのこと。

原因は、このウィルスセキュリティZEROのバージョンアップだとの予想のもと、訪問したところ、やはり、そうでした。

ウィルスセキュリティZEROを使用しているユーザーは多いと思いますが、このソフト、なかなかの曲者です。

まず、今回のトラブルの内容と解決方法と今までに気づいた点をご案内します。

トラブルの起きた会社のパソコンの環境

1)8台のパソコンが同一ネットワーク上にあり、PA-W11G2というEPSON純正の無線/有線LANプリントサーバー(アアプタ)を介して、PM-G4500というプリンター⁰を使用しています。

2)この装置には、192.168.1.14というIPアドレスをふっています。

3)今回、8台中、2台が同時にプリンターを使えなくなりましたが、共通しているのは、2台とも、ソースネクスト社のウィルスセキュリティZEROを使用していて、トラブル前にウィルスセキュリティZEROのバージョンアップをしました。

4)トラブル内容は、プリンターがつながらないだけで、その他の問題(インターネットにつながらない、とか、ネットワーク上の外付けHDDにアクセスできないなど)は起きていません。

診断結果と問題の解決

プリンターが使えなくなった2台のパソコンのプリンターは、両方とも、下記のように「準備完了」となっているべき個所が、「一時停止」になっていました。

プリンターが「一時停止」

そこで、まずが、この「一時停止」を解除しました。

「一時停止」の解除

プリンターのアイコンをWクリック(上図)→プリンター→「一時停止」のチェックをはずします。

結果は、2台のうち1台は復旧しました。

そこで、復旧しないパソコンのウィルスセキュリティZEROの設定画面を確認しました。

今回のバージョンアップは、大規模なものだったようで、デザインもかなり変更されています。

新しいウィルスセキュリティZEROの画面

ウィルスセキュリティZEROを使用していてネットワークのトラブルが生じたときには、まず、「不正侵入対策」を疑ってかかります。

ウィルスセキュリティZEROの「不正侵入対策」

そこで、ここを開いてみると、思わず絶句してしまいました。

なんと、「例外」タブの中に「block」という項目があるのです。

ウィルスセキュリティZERO-「例外」タブの中の「block」

これが原因だ、と思いチェックをはずして印刷をしたところ、無事復旧しました。

念のため、この内容を確認したところ、やはり、ブロック対象の範囲にプリントサーバーの192.168.1.14が含まれていました。

ウィルスセキュリティZERO-「例外」タブの中の「block」にあるIPアドレスの内容

今回のトラブルのまとめ

ネットワーク上のプリンターが突然使用できなくなった原因は、ウィルスセキュリティZEROのバージョンアップと思われる。

解決方法として、まず、プリンターの「一時停止」を解除した。

「一時停止」になったのは、ウィルスセキュリティZEROのバージョンアップが原因の可能性が高い。

それでも解決しない場合は、ウィルスセキュリティZEROの「ホーム」→「不正侵入対策」→「例外の設定」を確認して、「block」のチェックをはずす

今回は、ネットワーク上のプリンターが動かなくなりましたが、ネットワーク上の他のパソコンに接続できなくなった、とか、LANディスクにアクセスできなくなった、ということも起こる可能性があります。

その場合も、考え方や解決方法は基本的には同じはずです。

ウィルスセキュリティZEROについて

今回、8台中、なぜ2台だけトラブルが起きて、他の6台は無事だったのでしょう。

実は、ウィルスセキュリティZEROが発売された当初は、毎年の更新料が不要というキャッチフレーズに魅力を感じて、私の会社のパソコンを手始めに、お客様にもウィルスセキュリティZEROをお薦めしていました。

ところが、使いはじめて、いくつかの致命的な問題点と納得できない点がではじめて、順次、ウィルスセキュリティZEROから別のウィルスソフトに移行をしました。

具体的には、ウィルスセキュリティZEROを使っているパソコンが、突然インターネットができなくなる、というトラブルが続きました。

当初は原因不明でしたが、結局、ウィルスセキュリティZEROをアンインストールしたら、皆解決したので、それ以降は、ウィルスセキュリティZEROは、怖くて使えなくなってしまいました。

また、ウィルスセキュリティZEROのキャッチフレーズは、例えば、WindowsXPのサポートが終了するまで使い続けることができます、ということでしたが、「Windows7には対応しないので、バージョンアップしますか?」という趣旨の表示が毎回出てきます。

そのWindowsXPのパソコンが使いきって、次のパソコンに買い替えたときは、改めて、ウィルスセキュリティZEROのWindows7対応版をお薦めしようと思っていましたが、この表示がどうしても納得できなくて、現在では、ウィルスセキュリティZEROはお薦めしていません。

では、他に替わるウィルスソフトはあるのか?とよく聞かれます。

現在、私自身が使用していて、他の方にもお薦めしているのは、「NOD32」というソフトです。

理由は、他のウィルスソフトのようにパソコンが重くならずに、サクサク快適に動くのと、ウィルス検出率が高いこと、です。

つまり、性能がよくて、快適で使いやすい、というのがその理由です。

もし、ウィルスソフトで迷っている方は、「NOD32」をお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン