パンくずリスト

xoopsのマニュアルなどで、「パンくずリスト」という言葉を聞くことがあります。

なんじゃこりゃ? こんなわけのわからない言葉を使われては困るなぁ・・というのが私の最初の感想でした。

でも、調べてみて、今では、なるほど、うまいことをいうなぁ、と思っています。

自分でも体験するこのあたりのギャップが、初心者と専門用語を当たり前のようにつかってしまうユーザーとの間のギャップになっているのでしょうね。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、「パンくずリスト」という名前は、童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように通り道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来する、とあります。

大規模なウェブサイト内において、利用者がサイト内での現在位置を見失わないようにし、ナビゲーションを助けるために使われる、という解説を読んで、やはり、きちんと意味を調べることの大切さを実感した次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン