印刷をしたら文字の形が違っている-フォントのお話

まずは、事例紹介から

パンフレットを作成することになって、自宅のパソコンで作成して
印刷したパンフレットを会社に持参しました。

タイトルの文字の形が気に入ったので、それでいこうということになり
会社のパソコンにデータをコピーして印刷をしてみました。

ところが、タイトルの文字の形が全然違って印刷をされてしまいました。

こんなことってあるの?

これは、自宅のパソコンで作成した際に指定した「フォント」が、
会社のパソコンに入っていなかったので、別の「フォント」が使われ
表示、印刷されたからです。

Windowsには、標準で「MS ゴシック」「MS 明朝」などのフォントが
添付されています。

(MSは、マイクロソフトの略-マイクロソフトのゴシック体 等)

通常は、Windowsのパソコンに共通して入っている「フォント」を
使うことが多いので、こういう事例に出会わないかもしれません。

しかし、今回のようにパンフレットを作成するような場合には、
文字のデザイン=「フォント」を特別なものにすることが多いので
このような「文字の形が違う!」ということが起きてしまいます。

このような場合、会社のパソコンにも同じフォントをインストール
すれば解決します。

最近では、年賀状の宛て名をパソコンで印刷することが多いと思いますが
宛て名に行書などのフォントを使うと、別のパソコンでは、行書にならない、
ということがあります。

これも、別のパソコンに宛て名で指定した行書のフォントが入って
いないのが原因です。

ちなみに、ホームページを作成する場合に、フォントの指定ができますが
そのフォントが入っていないパソコンで見る人には、違うデザインで
表示されてしまいますので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン