何を寝ぼけたことを?! 国内パソコン苦戦、相次ぐ事業撤退 “日の丸”残るは東芝と富士通のみ

今日、SankeiBizに、「国内パソコン苦戦、相次ぐ事業撤退 “日の丸”残るは東芝と富士通のみ」というタイトルで記事が載っていた。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140211/bsb1402110701001-n1.htm

何を言っているの?と目を疑った。

現在WindowsXPからWindows7(Windows8は、ほとんど扱っていません)に移行するのに、私が奨めているのは、日の丸の「エプソンダイレクト」のパソコンです。

ちなみに、価格重視で安いのが欲しい、という場合には、画面にもあるように、私は、DELL社から調達するようにしています。

エプソンダイレクトのパソコン代理購入するパソコンについては、最初に、私のところに届けてもらって、設定をしてお客様に送付する作業をしていますが、エプソンダイレクトは、とても安心してお薦めできるメーカーです。

また、ノートパソコンについては、私の長年の愛用機は、Panasonicのレッツノートですが、これも、もちろん日の丸です。パナソニック

富士通には、先日、このサイトでも紹介したように、ぜひとも頑張ってほしいと思っていますが、「“日の丸”残るは東芝と富士通のみ」というのは、違いますからね。

なんで、こんな記事を書くのでしょうね。

話は飛びますが、最近、なんでも「スマートフォン」で、今までのパソコンは用無しのような言われようです。

また、今までの携帯電話は、「ガラケー」と、まるで、古くて、使い物にならないような言い方です。

しかし、私は、初代iphoneの2年縛りがなくなって、すぐに、従来型の携帯電話に替えて、2台持ちの2台目も、PHSの携帯電話です。

何が重宝か、といえば、電話がかけやすくて、勝手に知らない間に誰かに電話してしまう、という事故がなく、安全で、しかも、費用が安い。

仕事やプライベートで使うメールも、必要にして十分。

まさに、自分の道具として使いこなせるので、とても重宝で、その道具に振り回されることがありません。

大事なのは、役割分担で、スマートフォンを否定するのではありません。

ただ、今まで、重宝していて、決して価値が下がっていないものに、古い=役に立たない、というような烙印を押さないことが大切だと思います。

Windows8は、タッチパネルを採用して、確かに、モバイル分野では、面白いと思います。

しかし、今まで、マウスで使い慣れてきたデスクトップの業務には、少なくても、現状では、正直、不向きだと思います。

ですから、私は、WindowsXPの買い替えには、原則として、Windows7を薦めています。

Windows7は、入手できない、という話を聞いたことがありますが、とんでもありません。

例えば、エプソンダイレクトの通販サイトを見てみれば、当たり前のように、Windows7とWindows8のどちらも選択できるようになっています。

これから、スマートフォンをつかえて当たり前になりますが、だかろこそ、今までのデスクトップでの仕事ができる人が、重宝されます。

パソコンの資格だけは持っているのに、実践力のない人が増えているように感じます。

たくさんの情報が溢れていますが、それが、恣意的なのか、無知なのか、無責任なのか、その理由はわかりませんが、大切なのは、必要な情報、正しい情報を取捨選択できる力だと思います。

以下はPRになってしまいますが、「いいので薦める」機種の具体例です。

一体型でキーボードも本体の下に収まり机の上に置いてもすっきりします。 Web通販専用でお手頃だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン