せこいぞ!SOFTBANK 企業や社長のイメージは音をたてて崩れていきます

iphoneの話

以前、iphoneを辞めるということを書きました。
その後、「しばりの期間」があって、解約月でないと違約金をとられてしまうので、最低料金プランにして使用しないできました。
しかし、ここまでの段階で、おかしな話ですよね。
しばりがあって、解約手数料がとられるのがいやで、使わない?!
全く不可思議で不愉快な話です。
ちなみに、私がiphoneを使わないでいる数か月の間に、電車の中などでiphoneをはじめとするスマートホンを使う人が増えたこと、増えたこと。
そんな周りをみながら、私はあることに気づきました。
「なんだ、iphoneがないなら、別に、それでも構わない」
確かに、iphoneは、あればあったで使いますが、絶対の必需品ではなく、なければないで、我慢できる、そんなものでした。
それにひきかえ、携帯電話でのメールの送受信は、これはもう、ないと不便きわまりなくで、本当に必需品ということに改めて気づきました。
ということは、電話とメールを安く使えるwillcomのサービスが一番いいような気がします。
とはいっても、willcomは、SOFTBANKの傘下になったので、今では、気持ち的には、正直使いたくない、という感じですが。。。

さて、今日は、改めて、SOFTBANKという企業に失望した出来事がありました。
いよいよ、待ちに待ったiphone解約月が迫ったので、今までのポイントを使いきってしまおうと思いました。
ただ、ポイント交換できるオプション製品がわからなかったので、駅前のSOFTBANKの直営店に行ってきました。
家で確認しようと思い、オプションの一覧のカタログをもらいにいったところ、これが「ありません」とのこと。
では、5人グループの表紙のついたSOFTBANKのカタログのどこを見ればいいか?と聞いたところ、そこには書いてなくて、インターネットで確認してください、とのこと。
ポイントをプロモーションに使っているくせして、いざ、交換する段階の手続きは整っていない。。。。
やむをえず、直接、SOFTBANKに電話をして、ポイント交換の手続をすることにしました。
ところが、スタッフの説明を聞いて、目の球が飛び出るくらいにびっくりしました。
実は、私は、今回、「ステレオBluetooth®ヘッドセット」をポイントで交換しようと思っていました。
ところが、この「ステレオBluetooth®ヘッドセット」は、ポイントとの交換対象製品ではない、というのです。
SOFTBANKのサイトをよくみると、「購入できるオプション」と「交換できるオプション」は、同一ではなく、本当にポイントを使って欲しいオプションは、交換できないのです。
さきほど言ったSOFTBANKのカタログには、携帯電話の一覧に使用できるオプション一覧が出ていますが、そのオプションの一部しかポイント交換の対象でなないのです。
いやぁ、びっくりしました。
「せこいぞ!SOFTBANK」「せこいぞ!SOFTBANKの社長」と思わず怒りを通り越して、落胆してしまいました。
今回、12,000ポイントほどありましたが、普通の携帯電話のACアダプタなら、12個位交換できる、ですって?!
誰が、一人で12個も使うか!!!!!
docomoを解約する際に、やはり残っていたポイントを使い切りましたが、まだ、docomoの方がまともな製品と交換できました。
ポイントをプロモーション(つまり、餌ですね)に使っているくせして、いざ、ポイント交換の段階になったら、こんな詐欺まがいなことだと気づきました。

今回、電話対応の女の子も可哀そうです。
まるで、たちの悪いクレーマーの相手をさせられたと思ったでしょうね。
同情と怒りを通り越していたので、丁寧には対応しましたが、「私には対応が難しいので、上席と替わります」と言って、長い間待たされて、スーパーバイザーという女性と替わりました。
苦情というより、利用者の立場から、こう感じます、と丁寧に説明をしましたが、途中で会話する気がなくなりました。
一生懸命に話しているのに、電話の相手は、うるさそうに冷静に事務的な返事しか戻ってこないからです。
「他にまだございますか?」
その質問に「もういいです。」
ため息と一緒に電話を置きました。

SOFTBANKの社長が、大金を今回の地震で寄付したとのニュースがありましたが、今回のような出来事があると、彼のイメージやSOFTBANKのイメージは、音をたてて崩れていきますね。
社員教育に関して、アンケートがまわってくるようですが、社員だけの問題ではなく、企業体質なのかもしれません。
疲れました。。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン