新しく購入してきたUSBメモリーに書き込みができない

相談内容

デジカメのデータをバックアップするのに、2GBのUSBメモリーを購入してきて、パソコンから画像データをコピーしようとしたら、書き込みできなくて困った、という相談を受けました。

原因

USBメモリーは、各メーカーが、セキュリティ対策のソフトなどをUSBメモリーに初めから入れていることが多いようです。

確かに、USBメモリーを落としたりしたときのために、暗号でデータを保護しておく必要があるのも事実です。

しかし、今回のように設定をしたあとでないと、自由に使えないとなると、初心者の人にとっては、困った機能になってしまいます。

今回は、このUSBメモリーの中にあるソフトを起動して、何かしらの設定をしないと使えない機能がついていたようです。

解決策

今回のUSBメモリーの用途についていうと、家族のデジカメのデータをコピーしておきたい、というものでしたので、セキュリティにこだわらない内容でした。

そこで、一番簡単な解決策として、USBメモリーをフォーマットしてしまう方法をお教えしました。

WindowsXPだったので、マイコンピューターから、今回のUSBメモリーを右クリックしてもらい、FAT32でフォーマットしてもらい、無事、自由にコピーができるようになりました。

※注意

間違って、別のディスクなどをフォーマットしたら大変なことになります。
私は、過去に自分のパソコンで、間違って、重要なデータが入っているディスクをフォーマットしてしてしまったことがあります。
くれぐれも、フォーマットは、注意してくださいね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン