WordPressの監理画面の一般設定の「WordPress のアドレス (URL)」と「サイトのアドレス (URL)」

WordPressの監理画面の 設定>一般設定にある、「WordPress のアドレス (URL)」と「サイトのアドレス (URL)」の違い、役割について質問を受けました。

ここでは、WordPressの公式オンラインマニュアルと同じURLの例で説明します。

基本形

  1. WordPressを公開したいサイトのアドレスが「http://example.com/」だとします。
  2. 新規インストール時に WordPressファイル一式を自分のドキュメントルートディレクトリに置いてインストール作業をします。
  3. この場合、 、「WordPress のアドレス (URL)」と「サイトのアドレス (URL)」のいずれも、「http://example.com」になります。

応用形-「WordPress を専用ディレクトリに配置する」

[具体例]

既に、http://example.com/では、xoopsでサイトを構築しているが、今回、WordPressで入れ替えたいと思っている。
しかし、WordPressでサイトを作成するのに、時間がかかり、完成までは、xoopsでの運用を続け、並行してWordPressでサイトを完成させて、完成と同時に、WordPressで作成したサイトを、今までのxoopsのサイトと入れ替えたい。

このような場合に、local(自分のパソコン)に、xamppというツールを使って、自分のパソコンで、WordPressのサイトを完成させて、引っ越しをする、という方法や、別のサイトでWordPressのサイトを完成させて、引っ越しをする、という方法もあると思います。

しかし、引っ越し作業は、データベースの引っ越しの作業が必要だったりで、面倒で難しい作業だと思います。

そんなときに、役立つのが、今回の「WordPress を専用ディレクトリに配置する」という方法です。

  1.  WordPressを「http://example.com/wp」という専用ディレクトリに新規にインストールします。
  2. そのまま、普通通り、WordPress のサイトを完成させます。
  3. この場合、 、「WordPress のアドレス (URL)」と「サイトのアドレス (URL)」のいずれも、「http://example.com/wp」になります。
  4. http://example.com/wp の中のindex.php.htaccess ファイルを、自分のパソコンにコピーします。
  5. index.php をテキストエディタで開いて、「require('./wp-blog-header.php');」を「require('./wp/wp-blog-header.php');」に修正して、ファイルを保存します。
  6. http://example.com/」の中のxoops関係のファイルなどを削除します。
  7. この修正したindex.php.htaccess ファイルを「http://example.com」にアップロードします。
  8. http://example.com/wp/wp-admin/ でWordPress の監理画面にアクセスして、サイトのアドレス (URL)を、「http://example.com/wp」から、「http://example.com」に変更して、「変更を保存」します。
  9. ブラウザで、「http://example.com/」にアクセスして、WordPressのサイトが表示されることを確認できたら、終了です。

補足

xoopsのサイトを残しておきたければ、「http://example.com/xoops」など別のサイトに移動する、というやり方もあると思います。

上記の作業の中で、WordPressのindex.php の中身の書き換えを忘れないで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン