FileMakerの名前の理解の仕方・覚え方

ファイルメーカーを「まずは作ろう!」と意気込んでマニュアルを読むと、最初に迷うのが、「テーブル」、「フィールド」、「レコード」という概念です。

私も、FileMaker前に使っていた「The Card」というデータベースのときから、もやもやしていましたが、データベースと馴染みの深いエクセルは、兄弟のようなものだ、と気付いてから、下記のようにFileMakerの名前をエクセルに置き換えてみたら、間違えなくなりました。

FileMakerの「テーブル」・・・・・・・エクセルの「シート」

FileMakerの「フィールド」・・・・・・・エクセルの「列」

FileMakerの「レコード」・・・・・・・エクセルの「行」

エクセルとファイルメーカーの名前の比較の表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ログイン