Cliborが治ったけど、一つわからないエラーが常時でてしまう

Cliborが治ったけど、一つわからないエラーが常時でてしまう

Cliborが起動しない

コントロールキーをダブルクリックしてもだめ

常に表示する(A)にしても表示されずだめ

Windows10をリカバリーをしようと思ったけど、時間的に難しいので保留していたが、やはり、Cliborを使えないと仕事にならないので、今回、復旧を試みた。

運用方法や現状を再確認して試したこと

  • Cliborは、大事に育てている大事なデータが入っているので特別な場所においてある。
  • Cliborは、インストール型のソフトではないので、目的別にフォルダーで分けている
  • 複数のCliborが、同時に起動しているのかもしれない
  • 「困ったときの再起動」で、新規にソフトをダウンロードしてゼロから立ち上がるか試した
  • 新規で立ち上がるので、Windows10のリカバリーは不要とわかる
  • 差分をコピーしたりしたが、肝心の定型文が復元できない

ここまできて、要するにCliborでは、育ててきた定型文を復元できればいいことに改めて気づく

そうだ、そういえば、復元方法に、「定型文CSV取込」があって、定型文CSV取込をしたことを思い出した。

捜してみたらは、あった、あった。
これで、定型文が復元できれば、OKだ。

定型文の復元

  • 少し前に定型文CSV出力したCSVファイルが、Cliborのフォルダーに保管してあったので、このファイルを、「定型文CSV取込」をしたところ、無事、定型文が復元できた。
    やった、ホッ。
  • ただ、クリップボードが空のままで復元できないみたいだった。
    しかし、考えてみれば、クリップボードは、日々のコピーの記録で、復元できなくても大丈夫なのだ。

Cliborの運営で何をしておけばいいか

定型文のバックアップさえとっておけば最低限大丈夫

  1. 定型文CSV取込でバックアップをとる
  2. その定型文のCSVを大事にバックアップをとって管理する

Cliborのフォルダーを丸ごとバックアップとれば設定のやり直しはしなくていい

データには、
・二度と戻らないデータと、
・時間をかければ復元できるデータがある

  • 定型文CSV取込は、二度と戻らないデータのバックアップにあたる
  • フォルダー丸ごとバックアップは、設定関係、つまり時間をかければ復元できるデータのバックアンプにあたる

今の問題

今まで、目的物にCliborのフォルダーを分けていたが、もしかして、重複して起動している(?)といけないので、フォルダー名を変更してみた。

その上で、新規に作成したCliborのフォルダーから起動しているCliborを「スタットアップから起動」でるようにした。

ところが、Cliborは、復旧できたものの、次のような窓が、ときたま亡霊のように表示されるようになってしまった。

このCliborのプログラムは、名前を変更する前に複数あったCliborのフォルダーの中にある一つ。

ということは、Windows10のどこかに、このフォルダーの場所になったClibor.exeを起動しなさい、という記述が残っている、ということなのかもしれない。

また、このフォルダー名は、標準で使っていたフォルダーとは違う別のものだった。

今この原稿を書いているときも、この窓が突然でてきて、×で閉じたが、Cliborの復旧はできたので、これは、今後の課題に残しておく。

最後に

この亡霊のような窓の表示から、今回のCliborが使えなくなったのは、Cliborのブログラムが複数同時に起動してしまっていたからなのでは、というのが、今の段階でわかっていることです。

ただ、念のため、ソフト関係のウィルスチェックはしましたが、問題ありませんでしたので、今回はこれで終了ですね。

ウィルスのチェック

ウィルスチェックしたいファイルやフォルダーを選択して右クリックして、検査します。

念のための作業でしたが、大丈夫でした。

私は、このESETは、5台3年版を15年以上の長きにわたった使っていますが、スマホも守ってくれるので、家族みんなのパソコン、スマホに必須のセキリティソフトです。

私がいつも購入しているのは、下記のサイトですが、ウィルスソフトについてよくわかっていない方は、本当にお薦めですよ。